私が心がけていること
お客さまが現在も未来も、経済的に困らないようにするためのお手伝いをすること。
根拠に基づいた必要保障額の考え方をお伝えすること。
生命保険という仕組みが持っている『意味と価値』をきちんとお客さまにお伝えすること。
ライフプランナー Lifeplanner
正田明生 Akio Syouda

<略歴>
1971年 1月 東京都町田市生まれ
妻、長女、次女の4人家族です。
町田市立三輪小学校
 サッカーを始めました。(1年生から) 初代児童会長を務めました。
町田市立鶴川第二中学校
 部活動と読売クラブ(ジュニアユース)の掛け持ちでサッカーをしていました。
東京農業大学第一高等学校 
 サッカー部に所属。東京都で3位になるも、あと一勝で全国大会でした。
東京農業大学 農学部 農業経済科
  体育会系のサッカー部に所属。(関東大学リーグ2部)4年生でレギュラーになりました。
日本調理機株式会社 入社
 業務用厨房機器メーカーで、学校給食の営業として10年半勤務しました。
ソニー生命保険株式会社 入社
 2004年9月にライフプランナーになりました。

<資格>
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員(AFP)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)
トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)
変額保険販売資格者
損害保険販売資格者(取扱保険会社:ソニー損保)
銀行代理業取扱資格者(所属銀行:ソニー銀行)

<趣味>
サッカー ・・・・サッカーは見るのもプレーするのも大好きです。小学校1年生の時から始め現在も社会人リーグに所属しております。
釣り ・・・・こちらも小学生の時から続けています。海山問わず釣りは全般に渡り大好きです。
生命保険で一番大切なことは、保険金や給付金、あるいは解約返戻金や契約者貸付金など、お客さまがお金を受け取る時に一番最適な状態になっていることです。つまり、ご契約後もライフプランニングに基づくコンサルティングフォローを継続していくことで、最適化しつづけることが重要です。
営業所長の時にライフプランナーに教えていく中で、生命保険の意味や価値ということを強く認識し、私からご契約いただいているお客さまへのフォロー活動を積極的に行うため、所長職からライフプランナーに戻るという選択をしました。
お客さまから『お聴かせいただいた想い』や『思い描いたライフイベント』を実現するために、将来私が安心して任せられる後輩ライフプランナーを輩出していくことも拘っていきます。